PMSサプリで生理前のむくみを改善

生理前や生理中にむくみが起こる原因には、女性ホルモンの分泌量が深く関係しています。
プロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンはご存知でしょうか?


プロゲステロンは水分を蓄積する役割をし、エストロゲンは新陳代謝を促進します。
生理前にはプロゲステロンが増えエストロゲンの分泌が減ります。
それによって新陳代謝が悪くなり、むくみが起こるようになるのです。水分が排出されにくくなり、体の中に水分がたまりやすい状態になるということですね。

対処法としてはさまざまなものがありますが、まずはむくんでしまった時にすぐにできる対処法から。

血行を良くすることで即効性のある改善がみこめます。

仰向けになって手足をぶらぶらさせることで、結構がよくなります。手足の先が温まってくるのを感じるはずです。このような軽い運動をすることでも効果は期待できます。

お風呂にゆっくりつかるのもいい方法です。時間がない場合は足だけでも湯につけて温めるのでもいいですよ。

サプリを服用するのも効果的な方法です。サプリに含まれるチェストツリーの果実であるチェストベリーや、月見草オイルなどは、生理前に乱れる女性ホルモンを整える役割をしてくれます。

こちらは前もって服用することで、生理前のむくみを未然に防ぐというイメージになります。
サプリもそうですが漢方なども、高い効果を得るには毎日継続して服用することが重要です。

またアルコールの摂取もむくみの原因となります。生理前に分泌されるエストロゲンは肝臓の機能を弱めるため、アルコールが体内に残りやすくなってしまうからです。むくみが気になる方はこの時期は控えたほうがいいでしょう。

塩分も取りすぎると、体が水分を欲するようになるので注意が必要です。スナック菓子やしょぱいものはなるべく食べないようにするほうがいいかもしれません。

日常生活では十分に睡眠をとるのも大事です。睡眠が不足すると代謝が悪くなり水分の排出を妨げます。
成長ホルモンをしっかりと分泌させてあげることで代謝を上げることができるので、10〜2時の間に十分な睡眠をとることにしましょう。

先ほどもふれましたが、軽い運動はストレスの発散にもなるので積極的に行うのがいいですよ。30分ほどのウォーキングでも十分なので、むくみが気になりだしたら試してみて下さい。

食べ物では体が温まる生姜などを食べると、血行を良くしてくれるので効果的です。

はじめは生活習慣を改善してみる

PMSを治す方法はあるのでしょうか?はじめは生活習慣を改善してみるとよいでしょう。

意識してみるといいのは朝食で、これが重要になってきます。
朝食を抜いてしまうとやる気が起こらなくなり、体調もすぐれなくなってしまいます。

また、しっかりとした食事をとることで体に必要な栄養がとれるので、できれば三度のご飯は大事にしましょう。


PMSというのは月経前症候群とも言われ、女性の月経前に起こるさまざまな症状を示した病気の一種です。
主な原因として挙げられるのが、プロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンであり、このホルモンが生理の前に分泌され、水分の代謝や脳内物質に影響を与え、体調不良に陥るとされています。月経がはじまるとだいたいはPMS症状は収まります。PMSの予防策は、軽く体を動かすことでもカラダやココロの症状を和らげることができます。軽いストレッチをしてみたり、ランニングもいいですね。体の内部の自律神経が整ってきますので、全身に血液が行き届くようになると、心も体もリフレッシュ。



PMSも治ってくるでしょう。

チェストベリー配合サプリはPMSに効く


このごろでは、PMSの改善に効能があるサプリメントが多数出ています。PMSの代表的な症状である生理前の情緒不安定を解消させたり、眠気や不眠を良くする効能があるのです。
たくさんの種類がありますので、試してみてもいいですね。女性の生理前に起こるPMSの対策としては、「ストレスを残さないこと」。

やり方は人それぞれですが、例えばぬるま湯の半身浴で心身ともにリラックスしたり、しっかりとした睡眠をとることでPMSの症状は和らぎやすくなるでしょう。

好きな趣味に没頭するのもいいですよね。

体のONとOFFをしっかり切り替えてストレスとはおさらばしましょう。

PMSの具体的な症状としては、お腹のハリや偏頭痛、肌の荒れや吹き出物、体全体のむくみなどの症状もあれば、憂鬱になったりイライラしたりなど精神的症状が出たりします。その他いろんなPMS症状があり、200種類以上の症状があります。


月経のある女性の80%以上の人が、こうした症状を経験しています。

ここが変だよgoogle